忍者ブログ
コロンビアで犬を飼うnarumiの犬日記です。

カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
プロフィール
HN:
narumi
性別:
女性
自己紹介:

ロキ:ラブラドール♂(2003年10月18日~2014年7月12日・未去勢・血統書なし)、ボゴタ近郊コタ生まれ

ハナ:雑種♀イングリッシュ・シェパードっぽい(推定2005年3月生・不妊手術済み)、ボゴタ生まれ

Hさん:narumiの夫、ボゴタ生まれ

narumi:コロンビア・ボゴタ在住日本生まれ、このうちで唯一のガイジン
最新コメント
(02/17)
(02/16)
(02/12)
(02/12)
(01/14)
ブログ内検索
バーコード
最古記事
訪問した人の数
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


たまたま躍動感のある写真が撮れたのでアップ。本文とは関係ありません。

ロキは子どもの頃から人間と暮らしているせいか、人の言葉をよく理解する気がします。最初に覚えたのは言うまでもなく「ごはん」。そのためうちでは、犬のごはんどき以外は「ごはん」というのは禁止です。夫と私は基本的に英語で会話するんですが、そのうち英語でそれっぽい言葉を言っても理解されるようになってしまいました。食事の時間をロキが覚えているせいももちろんあると思いますが。ぐーすか寝ていても、会話にたまたま feed とか混じっただけでむくっと起きてきます。

掃除機が嫌いなので、「おそうじするよ~」と言ってから掃除機を出すようにしていたら、それもいつしか覚え、言っただけでパティオに避難します。

ヘアドライヤーも嫌い。うちでは犬にドライヤーをかけることはしないんですが、私がドライヤーを使うのもイヤで、やっぱりパティオに逃げていきます。

ドライヤーを使い始めるタイミングは私がシャワーを浴びてバスルームを出た後と読んでいるんですが、ドライヤーを使った後に戻るタイミングはイマイチつかめていないよう。しかしここで不思議なことは、パティオにいるロキに「ロキ」と呼んでも反応が薄いのです。ふだんは名前を呼ぶとわりとちゃんと来るんですけど。ドライヤーをたしかに使い終わったか警戒しているのかというと、何も言わずに手招きすると来るのでそれはないみたい。何が彼を押しとどめているのか今ひとつわかりません。

ところでこの前書いたポチョですが、ポチョという名前はアルフォンソという男性名の愛称だそうです。ポチョの正式な飼い主はその家の中学生くらいの男の子なんですが、その子のお父さんがアルフォンソだそうです。その命名ってどうなの?

それはさておき、ポチョは最近、家にいることも増えているようです。ただ、朝になると出してくれとうるさくて出してしまうらしい。子どもの頃は昼間は庭につながれてましたしね。まあ、しつけに失敗してますな。

そのポチョは私を見ると駆け寄ってくるのでまあ可愛いのですが。ただ、彼の不思議なところは私が「ポチョ」と呼ぶと寄ってこないで、すごく怪訝そうな顔をすることです。飼い主にはいつも名前を呼ばれているので自分の名前がわかってないってことはありえない。なにか、私を「言葉をしゃべる人」と思ってないんですかね。
PR
ポチョでーす。



名前の由来は不明。チョコラブのオスで、たぶんまだ10カ月くらいです。近所の飼い犬ですが、よく放し飼いにされています。ほったらかしにしてあるというより、アメリカの映画やドラマでよく犬が前庭に放してありますが、ああいう感覚なんじゃないかと思います。

まだ4カ月くらいのちびさんだった頃、前脚を怪我してしばらくエリザベスカラーを付けていました。脚を折ったそうです。その原因は聞いていませんが、何かトラウマがあったのか、しばらく私を怖がっていました。私は何もしてないんですけど。ほんとに。

しかし最近、またなついてくるようになりました。なぜなのかわかりません。ロキとハナを連れて共有地(公園のようになっている)に出ると、いそいそと近づいてきます。ハナがころがしてガウガウしますが、それは甘んじて受け入れている様子。ロキもときどき、締めてやろうと思うようです。

ハナの気が済んで解放されると私の足元に擦り寄ってきて撫でろと催促します。しかし私は両手にリードを持っているので、それほど撫でてやれるとは限りません。私の手は2本しかないんだよ、ポチョ。ポチョがじれて飛びついてきたことがあったんですが、ロキがそれに怒って以来、飛びついたらまずいと思ったようです。やっぱり犬の言葉でないと通じないのか。

ところでこの公園にはロッキーというボスがいます。ロッキーはシェパード系っぽい雑種で、もう10歳近い年ですが、このアパート内で飼われているオス犬はすべて彼を恐れています。なぜかロキは恐れてないんですが。

ポチョは子供なのにロッキーが怖いことはわかるらしく、この前はなぜか自分の家の前の階段から吠えているなーと思ったら、ロッキーが公園の見回りに来ていました。

今朝もロッキーがいたのでポチョは来ないだろうと思いながらベンチに座って休憩していたら、彼は背後から音もなく近づき、ベンチに上がって私の膝に頭を載せてきました。遠慮なさすぎです。なぜかロキとハナはこういうときは気にしないようで、無視しています。

ポチョと触れ合えるのは個人的には楽しいんですが、ほんというと飼い主が外に出ていないときは家の中に入れておいてほしいんですよね。野良犬が通ることもある場所なので将来的には喧嘩もするかもしれないし、たぶん拾い食いは絶対やってるだろうし。
体調が悪いわけでもないのにハナがぴーぴー鳴いているので、変だなぁと思ったら玄関の外側の階段に鳩(?)がうずくまっていました。



実は鳥の種類がよくわかりません。この写真ではよくわかりませんが、ここは玄関ドアのすぐ外なのでお互いに姿は見えないながら、アパートの中ににおいが漂っていたんですね。



ハナはここから離れません。
「ハナちゃんは鳥さんとあいさつしたいんだよ! ここ開けて!」
……嘘ですが。
実はまさにこの日の朝、ハナは遊んでいる最中に飛んでいる鳥をくわえたらしいのです。玄関前の鳥はまだ子供のようだったのでうまく飛べなかったのかも。ハナがくわえたのと同じ鳥の可能性もあります。



とにかくハナがうるさいので、飛べないようなら鳥を捕まえて共有地に放そうと外に出ましたが、元気を取り戻したのか、このあと飛んでいきました。
前から撮った写真もあったんですが、ぼけぼけだったので後ろ姿で。
年に1度の予防注射に行きます。ロキとハナは時期が別々で(経済的にもありがたいことです)、ハナは8月です。

かかりつけは国立大学の動物診療所。コロンビアには国立大学はひとつしかありません。広いキャンパスのこのあたりは農学部か何かなのか、動物がたくさんいてのどかな雰囲気です。


しかし何かを感じとって緊張気味のハナ。実はうちで飼い始めて間もなく不妊手術を受けたトラウマの場所がここ。そのときは手術の時間が遅くなったので一晩泊まることになったんですが、夜中に建物の中を逃げまわって、捕まえるのに1時間半かかったそうです。

建物は内装がちょっと変わってきれいになっていましたが、そんなことで騙されるハナではありません。

といっても彼女に何ができるわけもなく、念のために口輪を二重にはめられて診療室に入ったハナですが、「狂犬病のワクチンを切らしている」ということで注射は延期に……。

これまでに何度か来ている診療所ですが、顔見知りのドクターがいなくなってるし(時間のせいかもしれませんが)、何か内情が変わってしまったのかも。夫は怒って、獣医を替えると言ってます。とはいえ、とりあえず料金の一部は予約のときに払っているので、今回の注射は来週、出直してここでする予定。

ハナは帰りにグランドで遊ばせてもらって機嫌は直りましたが、精神的にも疲れたと見えて夜はすぐ寝てしまいました。


私も午後をまるまるつぶして出かけたのに無駄に終わってぐったりでした。
留守番中に紙を破られないように、最近はボールを与えて出かけることにしています。

しかし顎の力の強いロキにボールを破られたので、新しいボールを渡すことに。

まずハナに古いのを。いや、破れたのはロキのですから。


しかしもうひとつのボールが新しいのをめざとく見つけたハナは、いったんもらったボールを床に置いて、新しいのを自分がもらおうとします。どっちだっていいじゃんよー。

とりあえず新しいボールをもらってご満悦のロキ。


しかし、夜帰ってきた夫に訊いたところ(上の写真には夫が写ってますが、これは参考画像で、実際にはこのとき夫はいませんでした)、新しいボールはハナに与えるべきとのこと。なぜなら、外で遊ぶときはボールはハナのおもちゃであり、ロキのおもちゃは本来フリスビーだからです。知らんがな。

それにしてもハナは目ざといです。以前、紙の心配がなかった頃はガムみたいなものを与えて出かけていたんですが、ある日、ハナのお腹の調子が悪いのでハナにはクッキーをやることにしました。

まずロキにガムを与え、ハナにクッキーをやろうとしたところ、ハナは「ロキがもらったのと違うぞ」とすぐ気付いたらしく、クッキーを受け取らずにまず、既にバリケンに入ったロキを見に行きました。

ガムはときどき違う種類のを買うことがあり、2匹に同じものをやるとは限りません。クッキーも色違いがいろいろ入っている種類なので2匹にやるクッキーの色が違うことはよくあります。両方ともガム、両方ともクッキーならそんなことはしないのです。

ロキを見に行ったハナは、自分がロキと違うものをもらおうとしていることは確認したはずですが、しぶしぶ(?)クッキーを受け取りました。いや、あんたが拾い食いしてお腹を壊したりしなけりゃ違うものをやったりしないんだけどね。
忍者ブログ [PR]